トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


鉄砲 のバックアップ(No.1)



歴史Aランク

鉄砲(てっぽう)

1543年伝来 種子島(たねがしま)(鹿児島県)に漂着したポルトガル人によって日本に伝えられた武器。 種子島にポルトガル人をのせた中国船が漂着し,島主の種子島時堯(ときたか)が,ポルトガル人から鉄砲2(ちょう)を買い取ったという。鉄砲はすぐに(さかい)(大阪府)などでつくられるようになり,戦国大名たちはあらそって鉄砲を手に入れた。鉄砲の普及によって戦術や築城法は大きく変化し,戦国時代の日本の統一をはやめることになった。

  • このとき伝わった鉄砲は火縄銃(ひなわじゅう)と呼ばれるもので,(つつ)の先端から黒色火薬と弾丸をつめ,火縄で起爆薬(きばくやく)に点火して発射した。伝来地の名を取って「種子島」と呼ばれていた。
  • 戦術の変化……1対1の騎馬(きば)戦から,歩兵中心の集団戦法に変わった。織田信長が足軽中心の鉄砲隊を使って,武田氏の騎馬隊を破ったという長篠(ながしの)の戦いは有名である。
  • 築城法の変化……山城から平城に変わった。平城には高い石垣と天守閣(てんしゅかく)がつくられるようになった。
  • 山城……山頂・山腹につくられた城で,戦時に防衛の拠点となった。
  • 平城……平地につくられた城で,軍事だけでなく政治・経済の中心ともなった。鉄砲の使用に備えることもあって城は巨大になり,まわりには城下町がつくられるようになった。