トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


条約 の変更点

Top / 条約

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 条約 へ行く。

[[公民Bランク]]

**条約(じょうやく) [#w2b56af7]

&color(mediumblue){国際法の一種で,国家間または国家と国際機関の間で結ばれる,文書による合意のこと。}; 日本では,条約の効力は一般的な[[法律]]よりも優先すると規定されている(ただし,[[憲法]]がさらに優先する)。そのため,条約を結ぶときに,条約の内容に合わせて法律を制定したり改正する場合がある。 

【条約成立の過程】 
 
-調印(署名)……国家の代表者(「全権代表」などという)が,条約の内容を記した公文書に署名すること。調印によって条約の内容が確定する。

-&ruby(ひじゅん){批准};……条約を最終的に確認すること。相手国と批准書を交換したり,国際機関に批准書を&ruby(きたく){寄託};することによって,批准が行われる。

--条約に加わることを表明する方法には,他に&ruby(じゅだく){受諾};,承認,加入などがあるが,重要な条約の場合,批准を必要とすると決めている場合が多い。

-発効……批准などによって条約が効力を持つようになること。

--多国間条約の場合,批准した国が一定数を超えると,発効すると決めている場合が多い。

日本では,次のように定められている。

-条約の調印は[[内閣]]が行う(条約の署名には[[閣議]]決定が必要)。

-重要な条約については,[[国会]]の承認が必要である。(内閣が調印しても,国会が承認しないと,条約の批准などはできない。なお,条約の承認については,[[衆議院の優越]]が適用される。)

-天皇が国事行為として条約の公布を行う。
-天皇が[[国事行為]]として条約の公布を行う。