トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


食料自給率 の変更点

Top / 食料自給率

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 食料自給率 へ行く。

[[地理Aランク]]・[[公民Cランク]]

**食料自給率(しょくりょうじきゅうりつ) [#m41d8314]

&color(mediumblue){国内で消費する食料のうち,国内で生産できる量の割合のこと。}; 主食である米などを除いて,日本の食料自給率はたいへんに低く,食料の多くを外国からの輸入にたよっている。

【日本の食料自給率(2016年度概算・農林水産省の発表による)】

-米……97%(主食用は100%)

-野菜……80%

-牛乳・乳製品……62%
-牛乳・乳製品……62%(飼料自給率を考えに入れると27%)

-肉類……53%
-鶏卵……97%(飼料自給率を考えに入れると13%)

-肉類……53%(飼料自給率を考えに入れると8%)

-魚介類……53%(食用は56%)

-果実……41%

-小麦……12%

-大豆……7%

-&ruby(こくもつ){穀物};(飼料用をふくむ)……28%

--穀物は種子を食べるために栽培する農作物の総称で,米,小麦,トウモロコシなどがある。

-総合(供給熱量ベース)……38%

--供給熱量は食物を消化して得られる熱量のこと。

世界的な食料不足がおきると,輸入による食料の確保は困難になる。食料自給率を高めることは日本の大きな課題である。